ヨガファッションセレクトショップ ヨガインストラクターHidenori ~逍遙遊~ 2012年09月

ヨガインストラクターHidenori ~逍遙遊~

福岡でヨガインストラクターをしているHidenoriです。 アナログ人間な私ですが、ブログで日々を綴っていきます。「逍遙遊」~何ものにもとらわれない自由気ままな境地に遊ぶ~

ヨガイベントのお知らせ!10月篇

申し込み開始は、9月19日(水)18:00!

体育の日スペシャルヨガマラソン!

1. Yoga for Beginners-3~立位から座位へ  
 
  基本的な立位のポーズから基本的な座位のポーズへ、
  全てのポーズの基盤となる要素を丁寧に見直していきます。
  初心者の方と、初心に返りたい方へ。


2. Gandiva (ガーンデーヴァ)~空に向けて弓を射る

  大空に弓を引き、ハートのエネルギーを解き放ちましょう。
  心身共に胸を開くと、世界がステキに見えてくる!


3. Taking off!!~飛行計画

  アームバランスのポーズに必要な要素を
  ステップバイステップで実践していきます。
  さらなる高みに向かって飛び立ちましょう!


4. Body-Healing ~ヨガセラピー

  不調を生じやすい身体の部分を
  ヨガセラピーのテクニックを使って調整していきます。
  身体を正しいアラインメントに導く事で
  本来持っている自然治癒力を引き出しましょう。
  注:Les Milles BODYHEALINGとは何の関係もございません


開催日時:2012年10月8日 (月祝)

1. 13:20~14:40 (80分)

2. 15 :15~16:35 (80分)

3. 18:20~19:40 (80分)

4. 20 :15~21:35 (80分)


開催場所:大野城まどかぴあ 1階 リハーサル室 1

福岡県大野城市曙町2丁目3番1号
http://www.madokapia.or.jp/
(西鉄春日原駅下車 徒歩7分 / JR大野城駅下車 徒歩17分)

受講料:1,2,3,4 各2500円

(複数受講割引) 任意の3レッスン受講:7000円
ヨガマラソン完走(全4レッスン受講): 9000円


定員: 各22名(先着順ですので、お早めの申込みをお願い致します。)


持ち物:ヨガマット 動きやすい服装


申し込み:9月19日 (水) 18:00より、メールにて承ります。
hidenoriyoga@gmail.com

記入事項:(必須) お名前、参加希望クラス、返信を希望するe-mailアドレス(*)
     (任意) ご連絡先(携帯電話など、つながりやすい番号)

(*) 携帯電話のメールへの返信をご希望の方へ
hidenoriyoga@gmail.com
からのメールを受信できますよう、設定の確認をお願いします。

(お名前、メールアドレス、電話番号などの情報は、
 必要事項の伝達という目的でのみ使用致します。
 この範囲を超えて利用する事は一切ございません。)

・「申込み受付完了メール」を持って、申込みの受付完了と致します。

・返信メールが届くまで、しばらくお待ち下さい。
 メールを頂いてから、数日以内にはご返信致します。

・サーバーの不具合などにより、正常にメールが届かない可能性もございます。
 返信メールが届かない場合、また文字化け等の理由でメールを読む事ができない場合は、
 大変 お手数ですが再度メールにてお問い合わせ下さ い。

・スポーツクラブ、ヨガスタジオ等の施設を強制 退会になった経験のある方の
 ご参加をご遠慮頂 いております。 ご理解の上、どうぞ宜しくお願い致します。

尚、次回のヨガイベントは11月23日( 祝 / 昼 )、 12月24日( 振休 / 昼間 )を予定しております。
スポンサーサイト
スペシャルレッスン | コメント:1 | トラックバック:0 |

頑張ってみる…モー良いかと思ってみる… その②

仏教にも色々な宗派がありますが
その中に『禅宗』があります。

今となっては大乗仏教の一派ですが
これ元々……ヨガです。
サンスクリット語の瞑想『Dhyana』(ディヤーナ)が
中国で『禅那』(ゼンナ)に
さらに日本で『禅』に…

この禅の悟りに至る道筋を絵で表した
『十牛図』というのがあります。
禅に限らず色々な事に
おそらく共通して来ると思います。

解説する人によって若干
捉え方は違いますが

ここで牛は人の心の象徴とします。
またあるいは、牛を悟り、童子を修行者と見立ててみます。



第一図「尋牛」(じんぎゅう)
Oxherding_pictures,_No._1[1]
童子が牛を捜しに出るところです。
離欲「ヴァイラーギャ」は重要ですが「本来の自己」を探すために
一歩を踏み出します。



第二図「見跡」(けんせき)
Oxherding_pictures,_No._2[1]
牛の足跡つまり手がかりを発見!
足跡は経典や昔の人の考えの類を意味してます。
初めは経典の教えや先達者の教えを頼りに学ぶしかありません。



第三図「見牛」(けんぎゅう)
Oxherding_pictures,_No._3[1]
牛の姿を発見!
しかし、牛の姿は一部しか見えていません。
「悟り」「本来の自己」が少しばかり見えたかな…。



第四図「得牛」(とくぎゅう)
Oxherding_pictures,_No._4[1]
牛をゲット!
手綱をかけたものの、なかなか自分のものになってくれません…。
悟りを開くのは大変だぁ!
アビヤーサ(修習・修練)だぁ!がんばれ!


第五図「牧牛」(ぼくぎゅう)
Oxherding_pictures,_No._5[1]
牛を手なずけるのに成功!
ようやく一緒に歩くまでになりました。
手綱はゆるんでいますがまだ離せません。



第六図「騎牛帰家」(きぎゅうきか)
Oxherding_pictures,_No._6[1]
牛の背に乗り家へむかうところです。
人と牛とが一つになりました!手綱もいりません。
悟りがようやく得られて
世間に戻っていく姿だと言われています。



第七図「忘牛存人」(ぼうぎゅうぞんじん)
Oxherding_pictures,_No._7[1]
家にもどり牛のことも忘れました。
ヴァイラーギャ(離欲)しちゃってます。

悟りは逃げたのではなく修行者の中にある…。



第八図「人牛俱忘」(じんぎゅうぐぼう)
Oxherding_pictures,_No._8[1]
人も牛もすべてが忘れさられ、無に帰すること。
迷いも悟りも超越した時、そこにあるのは
絶対的な仏教の真理「空」でしょうか。



第九図「返本還源」(へんぽんかんげん)
Oxherding_pictures,_No._9[1]
ここには童子も牛も描かれてなく美しい自然が描かれています。
これまでの絵は「本来の自己」を取り戻すために努力する姿を表していましたが、
それは根本に還るという境地に達するためだったという事でしょうか…
悟る前とおなじく水は流れ花は美しく咲き誇る。
ありのまま自然なまま…


第十図「入鄽垂手」(にってんすいしゅ)
Oxherding_pictures,_No._10[1]
街へ… 
悟りを得て童子から和尚になっとる!
しかも人に気軽に声をかけるだけで、
悟りが人に伝えられるようになっているようです。

アビヤーサ(修習・修練)もやがて
ヴァイラーギャ(離欲)して
ありのままの自然なままの自分の内に宿る事に気づく…


yoga・tao | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |