ヨガファッションセレクトショップ ヨガインストラクターHidenori ~逍遙遊~ 2011年02月

ヨガインストラクターHidenori ~逍遙遊~

福岡でヨガインストラクターをしているHidenoriです。 アナログ人間な私ですが、ブログで日々を綴っていきます。「逍遙遊」~何ものにもとらわれない自由気ままな境地に遊ぶ~

インフルエンザだったのかも?

いやぁ~体調が悪かった。

金曜の夜ぐらいからすこぶる悪かった。

鼠径部がものすごく痛かった。

きっと鼠径部のリンパ節では、
外部から侵入してきたウィルスと激しい戦いが繰り広げられていたのでしょう。

身体もきついし、かなり熱がありそうだけど怖くて計れませんでした。
熱計って物凄かったら、気力が萎えそうで…

今朝は案外、昨日までより良い。
と思って熱を計ったら、37度…

昨日までは何度あったのやら…

今日は久しぶりの休日

寝て過ごします。


スポンサーサイト
未分類 | コメント:2 | トラックバック:0 |

虹の橋のたもとにて

去年末、犬が亡くなった時
友人に言われました。

「今頃、虹の橋の前で待っているんだろうね。」

???虹の橋???

「レインボーブリッジ封鎖出来ません!」
な織田裕二が頭に浮かぶ私・・・

いや、お台場とは関係ないそうです(笑)

作者不詳の英詩らしいです。




『天国の一歩手前に、「虹の橋」と呼ばれる場所がある。
 地上にいるだれかと親しくしていた動物は、死ぬとその『虹の橋』へ行く。
 そこには、草地や丘がひろがっていて、
 動物たちはいっしょになって走ったり遊んだりすることができる。
 たっぷりの食べ物と水、そして日の光に恵まれ、
 彼らは暖かく、快適に過ごしている。
 病気にかかっていたリ歳をとったりしていた動物たちは、
 ここに来て健康と活力を取り戻し、
 傷ついたり不具になったりした動物たちも、
 もとどおりの丈夫な体を取り戻す。
 過ぎ去りし日の夢の中でのように。

 動物たちは幸せに暮らしているけれど、ひとつだけ不満がある。
 それぞれにとって特別なだれかが、
 あとに残してきただれかがいないのを
 寂しく感じているのだ。

 動物たちはいっしょに遊んで時を過ごしている。
 しかし、ついにある日、そのうちの一匹が足を止めて遠くに目を向ける。
 目はきらきらと輝き、体はたまりかねたように小刻みに震えはじめる。
 突然、彼はみんなから離れて、緑の草地を跳ぶように走っていく。
 あなたを見つけたのだ。
 とうとう出会えたあなたたちは、抱き合って再会を喜びあう。
 もはや二度と別れることはない。
 喜びのキスがあなたの顔に降りそそぎ、
 あなたの両手は愛する友の頭と体をふたたび愛撫する。
 そして、あなたは信頼にあふれたその瞳をもう一度のぞきこむ。
 あなたの人生から長いあいだ姿を消していたが、
 心からは一日たりとも消えたことがないその瞳を。

 それから、あなたたちはいっしょに「虹の橋」を渡るのだ。』




私、子供の頃から動物好きで、色々な動物を飼ってました。
なので虹の橋のたもとに、軽く『動物王国』ができているかも。

「よ゛~し!よ゛~し!よ゛~し!」

ムツゴロウさん並みに動物に囲まれる自分を想像してみる(笑)

犬の四十九日にバカな事、考えてます。
未分類 | コメント:4 | トラックバック:0 |

春、きたる

2月4日は『立春』

季節的には春が始まるんですね。

しかし今年は寒かった!

雪はあまり降らなかったですが、
最高気温が10℃を下回る日の
連続記録が出たそうな。

そう言えば昨日の朝、出勤の時
橋を自転車で渡っていると、

ツバメが橋の下をピューッと

速い(飛ぶスピードが!)
早い(まだまだまだ寒いよ!)

春の訪れですかね。

お!
梅のつぼみも膨らんできた。

何か昔の暦って良いなぁ!
合ってる気がする。
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |